My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

地震とストレス・・・

3.11の地震当日は、仕事場にいた。
東京タワーのさきっぽが曲がってしまったことに驚いた。
家族が車で迎えに来てくれたのだが、普段20分の道のりが3時間半かかった。
その日以来、毎日、緊急地震速報は流れている。
もうじき2歳になる四男は、「ジチン ドンドン」としゃべっている。
「地震、震度2。20秒後」をまねているのだろう。

そんな中、次男は卒園した。
地震の翌週だったのだが、かなりばたばたとした中で迎えてしまった。
でも、というより、だからこそ、泣けてきた。
長男がいたから、いやがることなく保育園に行き、2つ下に弟がいるために何かと
後回しになってきていたように思う。
その上、震災のため、謝恩会を延期、思い出遠足は中止・・・。
今、給食には牛乳が出ていないらしい。「牛乳、命!」の次男なのに・・・。

我が家でも、牛乳が手に入りにくいのは堪える。朝、出勤時間を遅らせ、
「お一人様1本ずつ」の牛乳を夫と買いに行く。

三男は、かなりストレスがたまっている。その矛先は四男に向かう・・・。
ただ四男が見ていたというだけで四男を突き飛ばしたり、たたいたり・・・。

長男も、先週は「頭が痛い」と言いだした。診察を受けると「ストレスね」とのこと。

でも、見かけでなく誰よりもストレスをためているのは夫かもしれない。
阪神・淡路の震災の時、ボランティアを長期で行い、「被災地」の現場をしっている。
ボランティアとしてでなくても、現地に行きたいと思っているはずだけれど、私たちが
いるために、自由になるお金と時間がない。
かといって、今時、情報は溢れんばかりに押し寄せる。
その上原発。
子供を守るために、かなり多くの情報を集め、消化しようとしている。
ストレスになるのは、仕方ない。

私?幸いにも、あまり「知りたがり屋」ではないし、倍になった仕事量と
まとわりついてくる子どもたちのおかげで、地震によるストレスはないハズ。
私くらいは、脳天気にしていないと。

Like a singing… Like a dancing…