My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

ティラリ〜ン、鼻から・・・

タイトルから想像していただくとおり、あまりきれいな話ではありません。

土曜日夜、お風呂に入ると、次男が早めにでたがった。父さんがいるので、父さんに任せていたが、パンツを持ってくるのを忘れていたようで、二人で2階にとりに行った。その間に、三男も出ようとしていたので、三男を拭いていると、二人が戻ってきてくれたので、その後は父さんに任せていた。
私自身を洗い、長男を洗って出て行くと、三男が寄ってきて、「はいったった」(はいっちゃった)という。「??」見ると、鼻を指差す。驚いて、「何が入っちゃったの?」と聞くと「ボーユ」(ボール)と言い出す!!「ボール??!!」家にはスーパーボールの小さいものもたくさんころがっているが、鼻に入るとは思えない。でも、父さんも、「何かはいっちゃったらしいんだけど、わかんないんだ。」と言う。ますます混乱しながら、鼻をさわると、ちょっと硬くなっていて、やっぱり何か入ってしまっているよう・・・。「え〜!!どうしよう!!」と戸惑っていると、父さんがヘッドライトを持ってきた。慌ててつけて上をむかせるけど、鼻水がつまっていて、まったく見えない。すると、父さんが鼻を強くこすったら、
ポンっと私の手に、小さな透明の丸いものが乗った。よく見たら、ボタンだった・・・。
ゾッとした。ピーナッツなどを入れてしまって出せなくなる話は笑い話として聞いていたことはあったけど、まさか、自分の子がやってのけるとは!ピーナッツなどだと、あまりに大きくて耳鼻科に行ってとると聞く。そのボタンは子どもの小指のさきくらい、小さいものだったから、引っかかってしまったけれど、専門家でなくても取り出せた。
周りでみていた兄ちゃんたちは、「ポンって出てきたね!」なんておもしろがっていたけれど、ヒヤッとした。全くもって目が離せない・・・。
 しゃべりだしたばかりだから、言うことが良くわからない。トイレも、「ちっこでた」といいながら、まだでておらず、トイレに座らせるとウンチがでたりする。このときも、最初、はいったと思い込んでいるだけかしら、とか、鼻ではないのでは、などと思ったりした・・・。

 でも、結果が出てから思い返してみると、私はタオル一枚をまいただけの格好でオロオロしていたし、そんな私の手に、ボタンが飛んできた、しかも鼻から飛んできた様子は、マンガチックだと笑ってしまう。

相変わらず、話題に事欠かない兄弟だ・・・。