My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

体力勝負の夏休み!!(つづき)

礼拝後、私の実家に直行し、昼食を食べ、上二人とおじいちゃんとともに、野毛(第3京浜の入り口あたり)にある区民プールへ。
すると、おじいちゃんがついてきてくれているのにもかかわらず、ママの取り合い。長男は少し泳げるようになったのを見てほしく、次男は足の届く、子供用プールに行きたがり・・・。漫画のように、ママを両側から引っ張っていました。
その日はお泊まりし、翌日もプール。
自宅に帰り、ボーイスカウトのキャンプから帰ってきた父さんと、明日朝早く起きる約束をし、こどもたちは就寝。父さんと母さんは海へ行く準備・・・。
翌朝、5時起床で観音崎へGo!! 7時には現地へ着くと、海はとってもきれいだった。海岸にゴミが多いのは気になるけれど、場所としてはオススメかも。早速水着に着替え、海へ!!
今年になって、次男は生まれて初めての海に行った。そのときは怖がっていたそうだが、あまり波も高くなく、遠浅なので、気に入ったらしく、けっこう夢中になって遊んでいた。長男はもう、絵に描いたように「水遊びに夢中になる小学生の男の子」と言った感じで、うきわを手放さないものの、大はしゃぎで楽しんだ。三男も、チビプロレスラーみたいな水着で、パチャパチャと、これまた、恐がりもせず水に入った。
1日だけのことなのに、またもや引っ越しみたいな荷物で、BBQの道具もそろえ、テントを張ったのに、長男はじっとしていられず、ちょっと水分をとりに戻るとすぐ、また「海行こうよぉ!」と大人たちを誘っていた。日差しが強く、日焼けどめを塗っていたのに、皆、真っ赤になってしまった。中でも三男は、肩のあたりがかなり赤くなり、私も、肩と太ももが真っ赤になった。
帰り、用事があって、スーパーに寄ったとき、太ももの皮がひっぱられたようになり、まともに歩けないほどだった。店員さんにジロジロと見られ、恥ずかしい思いをした・・・。

翌日は、みんな、かなり疲れていたものの、片づけものがたくさんあり、それにかかるだけでも大変だった。

これから先、こどもたちはどんどん体力がついていく。こっちは逆に体力なくなっていくのに・・・。ちょっと、鍛えていかないといけないかも、と思わされた夏休みだった。