My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

かって知ったる・・・・

金曜日と土曜日、出勤する日々が始まった。
三男を連れて行くので、ちょっと大変。
しかも、土曜日はちょくちょく、家で留守番の3人から、というより父ちゃんから「Help!」の電話がかかってくる・・・。
出勤日初日は、次男の「マ〜マ、いぃ〜!!(おお泣き)」の電話だったけれど、ほとんどかかってくる電話は、「○○どこ?」というもの。
先週の土曜日も、友達にあげる写真がどこにあるか?とかかってきた。
で、その前に絆創膏を探していたらしい。
「わかんなくってさ。外で遊んでる長男に、『絆創膏どこ?!』って部屋の中から叫んだら、隣の女の子が、『冷蔵庫の上!』って返事した。それも、間髪いれずに!」
低いところにおいておくと、次男が見つけ、勝手に使ってしまうので、ひょいと冷蔵庫の上にあげてしまっていたのだった・・・。
でも、なぜ知っている?!

そういえば、この前も、急に家に入ってきて、「トイレ借ります!」と言ってきた。「家、となりじゃん!」ってつっこむと、「いいじゃん!」という返事・・・。「もちろん、いいけどさ・・・・。」言い返す言葉も無い・・・。

日曜日、次男三男が寝ている間、私は2階で洗濯物を干していた。長男が下で遊んでいるとき、また、彼女が遊びに来た。でも、しばらくすると、女の子が泣いているような声がどこからかする。近所には他にも女の子がいるけれど、下が妙に静かに、でも殺気立っている・・・。あわてて降りていくと、長男と彼女が取っ組み合いのけんかをしていた。長男は声を出さずに泣きながら彼女につかみかかっている。「どうしたの?!」と止めに入っても、長男は納まらない。しかたなく、彼女に「今は帰りなさい」と家に帰し、長男が落ち着くまで待ってから、聞いてみると、なんのこともない。たわいの無い言い争いがエスカレートした様子・・・。

どうも、やっぱり家は6人家族みたい・・・。
ケンカしたりするけど、気の利く娘ができた感じ。
夫に、「隣の子、結婚したら泣けるでしょ」ときいたら、「ウン」と答えていた。やっぱり!