My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

ボーイスカウトと中学受験


「人生、何がどうなるかわからない」
昔から言われ続けていますが、本当にそう思います。

 来年はボーイスカウトの日本ジャンボリーの年です。
石川県珠洲市に22,000人が集まりキャンプが行われます。
ジャンボリーは4年に一度しか開催されず、ボーイスカウトとして参加できるチャンスは一回しか訪れないのです。一生に一回なんです。

その後は、参加する隊へのボランティアとして参加するか、スタッフとして参加するしかなく、ジャンボリーを楽しむという意味では、本当に一回きりなんです。
ほんと、ジャンボリーは楽しいので、スカウトを連れて行ってあげたいのです。

と、力説している私自身は、スカウト時代ジャンボリーに参加していないのです。
というより、当時は参加希望者が多く、選抜された者しか参加できなかったのです。
今でも、参加資格には、
「会期中のキャンプ生活に耐えうる健康とキャンプ技能を持つ者から、都道府県連盟ならびに各団が責任を持って選抜します。」
と書かれていますから、優秀なスカウトが参加するのです。たぶん。

しかし、「中学受験を考えていますので、とても一週間なんて空けられません」と欠席の連絡が早々に来ました。

早い話が、ボーイスカウトより受験を選択されてしまったわけです。
「ごもっともでございます。」としか言い返せない私も情けないのですが、「受験」という現実の前に「ボーイスカウト」は負けてしまうのです。

その中学受験ですが、私自身中学を受験しました。20年以上前に。
毎週日曜日は、午前中ボーイスカウトに行き、おにぎりを食べながら移動し、四谷大塚進学教室へ通っていました。
しかし、勉強嫌いだった私は、キャンプも含めてほとんどのボーイスカウト活動に参加していたように思います。

2年以上も受験勉強もどきをしていたのにもかかわらず、その中学校も”そり”が合わず1年で辞めてしまいました。

その後、現在に至るわけですが、振り返って見て思うことは「所詮、受験したところでどうよ?」っていうのが正直なところです。

大学を出て、一流と言われる企業に就職した人間と比べると、生涯賃金で「1億円」も収入が少ない現実というものがありますが、お金中心に生活しているわけではないので、何ら問題はありません。それだって、定年まで雇用が保障されていての事。

すてきな女性と結婚し、楽しい二人息子に囲まれ、戸越の地でマイホームを持つ。
人生、十二分に満足しています。

受験しなくても、人生十分楽しめるぞ。
人生のうち”たった1週間”ジャンボリーに行くことが、許されないなんて。
大人になったら、そのたった1週間さえ休みが取れなくなるというのに、、、、、