My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

「巡礼」と「寄り添う」

「巡礼」と「寄り添う」

なにが自分の中で引っかかっているのだろうか。
・「記号化」されているかされていないか。
・「多」対「多」「多」対「個」
などが思い浮かぶ。

自分自身に置き換えてみる。

津波で幼稚園バスが被災した。
わが子が乗っていて死亡した。
園舎も被災した。
園舎に祭壇がある。
多くの人が訪れる。
花を手向ける。
団体さんも来る。
花を手向ける。
宗教団体も来る。
花を手向ける。

この中に、父親である「私の存在」というのが無いのである。
わが子を失った悲しみに寄り添ってもらえる要素がない。

訪れる人たちは、何をしに来るのだろうか。
亡くなった子どもの魂の平安を願うのだろうか。
二度とこのような悲劇を繰り返さないように願うのだろうか。

残された私には、なんの希望も勇気も与えてくれない。
わが子やその友達が、自分とは関係なく記号化されていく気がする。

だからといって、来て下さる人たちに自分の気持ちを吐露して、すがるというのも違う気がする。
自分とわが子と幼稚園の関係性の中を、土足で歩かれている気分というのが一番近いかもしれない。

自分とわが子と幼稚園の関係性が精算されたとき、巡礼者を受け入れることが出来るのかもしれない。

その時は、すでに「記号化」されていて「多」対「多」の関係になり、広島や長崎の巡礼のように、他人事として自分のために巡礼出来るのだと思う。

その時が来るまでは「個」対「個」の関係性の中で、寄り添う人でありたいし、寄り添ってもらえる人と出会いたいと願う。