My Sweet Home

いつも笑顔で気持ちよく

ママさんサッカー

軽い気持ちで、「やるか!」と決めてしまったサッカー。
予定では11月11日と23日2日に渡っての試合予定だったのが、他の試合の予定と天候の関係で23日1日で行われた。11月に入ってから、1日も練習が出来ていない・・・。そんなんで、大丈夫だろうか?

当日、1時からA・Bリーグ。3時からC・Dリーグ。5チームの総当たりでそれぞれの1位チームが5時から決勝戦という試合運びだった。5人制のキーパーなし。スローインでなくキックインで6分のみ。フットサルのようなルールで行われた。
私たちはAリーグ。他のチームはユニフォームも上下決まっているのに対し、上はそろいのTシャツだけれど、下は黒っぽいもの!なんて安易な格好。いきなり最初の試合だからと、シュート練習を開始するも、だれもゴールに入らない!!
キーパーのポジションだった人が来られなくなったため、誰か代わりを、といわれ、思わず「やります」と答えてしまった。もう一人と交代ですることになったが、大変な事になった・・・。

そして、試合開始!
押している試合ながら、ゴールが入らない。何とかこちらのゴールも守ることが出来た。あまりの緊張から、どの試合のことも覚えていない。(後でビデオを観たが、それでも訳がわからずじまいだった。)とりあえず、1試合目は引き分け。
2試合目は応援にまわり、無失点で勝ち、3試合目も無失点を守って勝った。
3試合を終えて、負けていないのは私たちのチームだけだとわかり、「優勝しちゃったりして」なんて笑っていた。すると、4試合目も勝ってしまった!!

そこからが大変。誰も決勝リーグに残ると思っていなかったので、空白の2時間をどう過ごすかと思い悩んだ。FWの方はお客さんがいらっしゃるとかで、「とにかく帰って準備して戻ってくる!」と言い残して帰っていったし、リーダーの(ホントはリーダーではないらしいが、私の中では頼もしいリーダー)女性は、「洗濯物いれてくる!」と帰っていった。私は他の新人二人と、昼寝をして昼食を食べ損ねた三男を連れて喫茶店でお茶をした。
とっても寒い日で、4時半に戻ったときには日も陰っていっそう寒くなっていた。その場に残っていた長男と次男は公園の池で遊んでいたらしいが、次男はその池で尻餅をつき、ズボンがビショビショになり、私が寒さよけにはいてきていたオーバーズボンにはまりこんでいた・・・。

決勝リーグに入ると、2時間の空白が重くのしかかり、みんな身体の動きが悪く、点を入れられてしまった。
結果、4位ということだったが、他のチームは1年間毎週練習していたりしたチームだったそうで、そんな中、お気楽チームで良くもまぁ、と言った感じだった。

でも、翌日土曜日に練習後に飲みに行って午前様になるくらい、仲良くしていただき、楽しかった。
来年は優勝ねらっちゃおうか?!なんて話も出ているが、どうなることやら・・・。